eyecatch
Tue, Feb 14, 2017

ブログアドレスを変更したときにやったこと

このブログの閲覧数がそこそこの規模になってきたので、Google AdSenseで小遣い稼ぎを始めようとしたら、最近サブドメインがwwwじゃないとできないようになったようだったので、サブドメインをtbdからwwwに変更した話。 変更自体はそんなに難しくなかったけど、Googleの検索順位を保つためにいろいろ気を使う必要があった。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ブログアドレスの変更 以前にも書いたが、このブログはHugoで作ってGitHub Pagesでカスタムドメインで公開している。 コメント欄を設けるためにDisqusを使っている。 Cloudflareを使って全体をHTTPS化していて、その関係でkaitoy.xyzドメインの名前解決にはCloudflareのDNSを使っている。 アクセス解析などのためにGoogle AnalyticsとGoogle Search Consoleを使ってる。 この構成で、ブログアドレスの変更に必要だった修正を列挙する。(この順にやったわけではない。) 1. ブログソース修正 Hugoの設定ファイルであるconfig.tomlに書いてあるbaseurlの値をhttps://tbd.kaitoy.xyzからhttps://www.kaitoy.xyzに変え、また、各記事の内部リンクのURLもwwwのに変えた。 あとrobots.txtのSitemapのURLもhttps://www.kaitoy.xyz/sitemap.xmlに更新した。 2. GitHub Pagesの設定変更 ブログリポジトリに行って、SettingsのGitHub Pages欄のCustom domainの値をhttps://www.kaitoy.xyzに変えた。 ついでにブログリポジトリのトップに表示されるDescriptionのWebsiteの値も新しいURLに変更した。 この変更によりありがたい副作用もあった。 GitHub Pagesはwwwというサブドメインを特別扱いしていて、以下の恩恵を受けられるのだ。 wwwを省略したURL(apex domain)でアクセスすると、GitHub Pagesサーバがwww付きのURLにリダイレクトしてくれる。 安定していて速い。 3. CloudflareのDNS設定変更 CloudflareのDNSで、もともとCNAMEレコードでkaitoy.github.io(GitHub Pagesのデフォルトのドメイン)のエイリアスをtbdにしていたのをwwwに変更した。 また、上記の通りapex domainでGitHub Pagesにアクセスしても上手いことやってくれるようになったので、www.kaitoy.xyzのエイリアスをkaitoy.xyzとするCNAMEレコードを追加した。 CloudflareのDNSはapex domain(i.e. kaitoy.xyz)に対するCNAMEレコード設定をサポートしているので、これでwww.kaitoy.xyzでもkaitoy.xyzでもGitHub Pagesにルーティングされるようになった。 4. Disqusの設定変更 ホームの右上の歯車アイコンからAdminを開いて、ヘッダのSettingsからブログのURLを選んでその設定画面を開き、Website URLをhttps://www.kaitoy.xyzに変更した。 5. Google Analyticsの設定変更 管理タブのプロパティ設定のデフォルトの URLをhttps://www.kaitoy.xyzに変更しただけ。 Googleのページランクを保つためのあれこれ 以前もどこかに書いたが、どんなにすばらしい内容の記事を書いてもGoogle検索結果の2,3ページくらいまでに出てこないんであれば誰も読んでくれない。 このブログのいくつかの記事はそれなりにいいキーワードでいい検索順位になっていたので、サブドメイン変更によってページランクに悪影響が出るのはなるべく避けたかった。 調べたら、Google Search Consoleのヘルプにまさにその悪影響を防ぐ方法が載っていたので、これに従ってあれこれした。 1. 自身を参照する rel="canonical"リンクタグを付ける ブログの全てのページのヘッダに以下の様な移転先アドレスを指すlinkタグを付け、変更後のアドレスが正式なアドレスであることをGooglebotに教えてやる。 <link rel="canonical" href="https://www.kaitoy.xyz/2015/07/18/first-post/"> Hugoのソースでいうと以下の感じ。 <link rel="canonical" href="{{ .Permalink }}"> 2.
eyecatch
Fri, Aug 28, 2015

GitHub Pagesでブログ立ち上げ - Hugoを使う

GitHub Pagesでブログ立ち上げ - Jekyllのためのツールの続き。 前回は、GitHub Pagesで公開するブログサイトを構築するのに、JekyllとJekyll関連ツールを使おうと四苦八苦したが、結局Jekyllに見切りをつけ、Hugoを使うことに決めた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Hugoとは Hugoは、国内では2014年末くらいから盛り上がってきているブログサイト構築ツール。 そのホームページによると、ウェブサイトフレームワークで、静的サイトジェネレータとのこと。 フレームワークと名乗ってはいるが、その正体は、Markdownで書かれた記事を元にブログサイトのソースを生成するコンテントビルド機能と、記事作成(など)を支援するユーティリティ機能を持ったコマンドラインツール。 また、静的サイトジェネレータというのは、静的なサイトを生成するという意味ではなく、静的にサイトを生成するという意味。もっと言えば、WordPressとかがアクセス時にビルドが走るのに対し、Hugoを使った場合は事前にビルド済みのものをサーバにアップロードすることになる、ということ。らしい。WordPressは使ったことがないのでよく知らないが、Hugoのホームページにそう書いてある。 つまり、Hugoは静的なサイトだけを扱うツールってわけではないので、JavaScriptとかを駆使して動的でインタラクティブなページを作ってもいいはず。 Hugoのインストール インストールガイドに従ってHugoをインストールする。 HugoのGitHub ReleasesからWindows用バイナリをダウンロード。このときはバージョン0.14が最新だったので、hugo_0.14_windows_amd64.zipをダウンロードした。 このzipの中身はhugo_0.14_windows_amd64.exeというバイナリ一つとLICENSE.mdとREADME.mdだけ。 このhugo_0.14_windows_amd64.exeがHugoのすべてなので、これを適当な場所において実行できるようにしとけばよい。 今回は、hugo.batというファイルに以下の内容を書き、PATHの通ったフォルダにいれた。 @echo off C:\Users\Kaito\Desktop\tool\hugo_0.14_windows_amd64\hugo_0.14_windows_amd64.exe %* これで、どこからでもhugo [arguments]と打てばHugoコマンドが実行できる。 Hugoのシンタックスハイライト ドキュメントによると、Hugoではシンタックスハイライトを実現する方法を以下の2つから選べる。 サーバサイド: Hugoでのブログサイト生成時にハイライトしておく方法。 クライアントサイド: クライアントがブログを読み込んだ時にJavaScriptでハイライトする方法。 前者の方が当然クライアントの負荷が軽くなるが、Pygmentsのインストールが必要だったりめんどくさそうなので後者にする。(PygmentsはJekyllのときにすでに入れたけど…) クライアントサイドでやるのもいくつかやり方があるが、例えばHighlight.jsを使うなら以下をHTMLヘッダに加えるだけでいい。 <link rel="stylesheet" href="https://yandex.st/highlightjs/8.0/styles/default.min.css"> <script src="https://yandex.st/highlightjs/8.0/highlight.min.js"></script> <script>hljs.initHighlightingOnLoad();</script> このdefault.min.cssの部分を変えると色々なスタイルが選べる。 このブログではZenburnを使うことにした。 Hugo味見 Hugoコマンドリファレンスを見つつ、Hugoの味見をする。 サイトのひな形を作るコマンドはhugo new site [path]。hugo new site blogを実行して、blogという名のフォルダにサイトの初期ソースを生成。blogの部分はファイルもフォルダも存在しないパスを指定する。 この時点で、blogフォルダ内には以下のものが入っている。 archetypes: 新規記事作成時に自動で挿入されるFront Matter (後述)のカスタマイズをするためのファイルを置くフォルダ。 content: ブログのコンテンツ(記事など)を置くフォルダ。 data: サイト生成時に使うデータを置くフォルダ。 layouts: サイトのレイアウトを定義するファイルを置くフォルダ。 static: CSSとかJavaScriptとか画像とかのファイルを置くフォルダ。 config.toml: 設定ファイル。これはTOMLだが、YAMLかJSONでもいい。 記事を作るコマンドはhugo new [path]。blogフォルダにcdして、二つ記事を作ってみる。 hugo new about.md hugo new post/first_post.md blog\content\about.mdとblog\content\post\first_post.mdが生成された。 これらには、Front Matterという、記事のメタ情報が自動で書き込まれる。 デフォルトで書き込まれるのは、日付 (date)、ドラフトフラグ (draft)、タイトル (title)だけだが、 Archetypesという機能でカスタマイズできる。 が、今はやらない。 about.mdとfirst_post.mdには適当に記事の内容を書いておく。 次にテーマを設定する。テーマを使えば、自分でレイアウトを書く必要がない。 テーマはHugo Themesにリストされていて、ひとつひとつ選んでインストールもできるけど、今回は全部いっぺんにインストールして色々見てみる。blogフォルダ内で以下を実行すると、blog\themesに全テーマがインストールされる。 git clone --recursive https://github.com/spf13/hugoThemes.git themes これで、以下のコマンドを実行すると、サイトがビルドされ、サーバが起動し、ブラウザで確認できる。 hugo server -t angels-ladder -D -w -tでテーマを指定している。指定するのはblog\themes内のフォルダ名。-Dはドラフト記事をビルドしたいときにつけるオプション。さっき作ったabout.mdとfirst_post.mdは、そのFront Matterのdraftがtrueになっていて、つまりドラフトなので、-Dを付けないとビルドされない。-wはLiveReloadを有効にするフラグで、付けておくとソースを修正したら自動でリビルドとブラウザのリロードが実行される。(変更を監視されるのはサブフォルダ内だけ。config.tomlの変更は無視される。) サーバにはhttp://localhost:1313/でアクセスできる。今回指定したテーマangels-ladderだと、トップページにfirst_post.mdの記事へのリンクがあり、その内容を確認できる。about.mdの方はリンクはなく、直接http://localhost:1313/about/アクセスしないと見れない。この辺りはテーマ(と設定?)によって異なるのかな。 まあabout.mdは試しに作ってみただけなので消しておく。 hugo serverの-tに与える値を変えれば簡単にテーマを切り替えられるので、いろいろ見てみる。 以上で味見終わり。 テーマの選定 - Robust Hugo Themesにあるテーマはどれもあまりしっくりこなかった。 もう自分で作ろうかと思っていたところ、Robustというテーマを見つけた。 こんな感じのページができる。いい。これを使うことにする。 blogフォルダ内で、いったんthemesを消してから以下を実行してRobustをインストール。 > git init .